睡眠病院の案内

研究業績

院長の活動概要

日本睡眠学会会員(睡眠医療認定医 理事)

アメリカ睡眠医療協会正会員

精神保健指定医

精神科専門医

北海道睡眠研究会幹事

北海道睡眠時呼吸障害研究会幹事

北海道心とからだの研究会幹事

 

〈原著論文〉

藤田 雅彦、石川 幹雄、宇野 学、齋藤 利和、佐京 かつよし、下出 道弘、中村 和芳、三浦 統、宮本 佐和、村山 東平、高畑 直彦:精神・神経科領域における睡眠障害に対するCSー430(Haloxazolam)の臨床治験:新薬と臨床31:1169ー1181、1982

藤田 雅彦、早坂 宏之、大村 嗣徳、川村 敏明、菊地  東、齋藤 利和:Haloxazolam による夜尿抑制効果と終夜睡眠脳波の変化:神経精神薬理 6:31ー44、1984

高畑 直彦、藤田 雅彦、牧野 吉眞、早坂 宏之、遠藤 輝夫:ヒトの深睡眠期及び REM 期における TRH-T 負荷による精神内分泌ホルモン somatostatin の血中動態への影響

厚生省新薬開発研究、脊髄小脳変形症治療剤開発研究班昭和59年度研究業績集 233ー238、1985

Rimon, R.、Fujita, M.、and Takahata, N. Mood alterations and sleep. Jpn J Psychiatr Neurol. 40:153ー159、1986

藤田 雅彦 :精神科クリニック最前線 精神科クリニックにおける各種疾患の診療 睡眠障害外来 :臨床精神医学 :26(8):1053-1061,1997

藤田 雅彦 :睡眠特集 昼夜逆転 ::総合臨床

 

学会研究会発表

共同演者:臨床検査技師 看護師 臨床心理士

寝前の鼓膜温度測定によるラメルテオンの最適投与時刻に関する一考察. ○藤田 雅彦、葛西 亜由子、米谷 みほ子、石崎 良民子、枝川 由紀、河村 麻果. 第54回日本睡眠学会

北海道精神神経学会

ウェルネス望洋台医院職員の研究業績

臨床検査技師 松田美夏

<原著論文>

松田 美夏、田村 義之、千葉 茂: 睡眠/臨床編 睡眠障害の評価・検査法 ビデオポリソムノグラフィ:脳とこころのプライマリケア5 意識と睡眠発行所  :株式会社シナジー:東京ページ  :435-443:平成24年 (2012年)

松田 美夏、八木 朝子:技師のためのPSG  Q&A Cyclic Alternating Pattern (CAP):睡眠医療:株式会社 ライフ・サイエンス:東京:7:1:134-135:平成25年(2013年)

 松田 美夏、八木 朝子、千葉 茂 :てんかんにみられる睡眠構造の異常:睡眠医療:株式会社 ライフ・サイエンス:東京:7:2:179-183:平成25年(2013年)

<学会(シンポジウム・講演)>

八木 朝子、松田 美夏:Telesomnologyの睡眠検査への応用:日本睡眠学会第36回定期学術集会 シンポジウム「遠隔睡眠学の進歩」:2011(平成23)年10月15日~10月16日:京都府 国立京都国際会館

松田 美夏、八木 朝子:てんかんにみられるCyclic Alternating Patternについて:日本睡眠学会第37回定期学術集会 シンポジウム「睡眠とてんかん−その密接な関連性」:2012(平成24)年6月28日~6月30日:神奈川県 横浜パシフィコ

松田 美夏:脳波の基礎:道北臨床検査技師会 臨床生理談話会:2013(平成25)年2月22日:旭川市 市立旭川病院 新外来棟 大会議室

<学会・研究会(口頭発表)>

松田 美夏、高崎 英気、山口 一豪、阪本 一剛、石丸 雄二、石本 隆広、田村 義之、稲葉 央子、千葉 茂:上肢の周期性運動を伴う周期性四肢運動障害の1例 ~PSG所見を中心に~: 第2回北日本睡眠研究会:2007(平成19)年10月13日:札幌市 札幌コンベンションセンター

 松田 美夏、阪本 一剛、田村 義之、吉澤 門土、阿部 泰之、高崎 英気、山口 一豪、石丸 雄二、石本 隆広、稲葉 央子、芥川 愛、福島 克之、千葉 茂:睡眠相後退症候群を合併した若年ミオクロニーてんかんの1例~ポリソムノグラフィ所見を中心に~:日本てんかん学会 第1回 北海道地方会:2008(平成20)年2月16日:札幌市 アパホテル札幌

 松田 美夏、白田 朱香、田中 千渚、吉澤 門土、阿部 泰之、阪本 一剛、高崎 英気、石丸 雄二、田村 義之、千葉 茂:旭川医科大学病院 精神・行動・神経・生体現象モニタリングシステムの紹介:第1回北海道ポリソムノグラフィ学術フォーラム:2008(平成20)年10月4日:札幌市 ロワジールホテル旭川

松田 美夏、吉澤 門土、白田 朱香、田中 千渚、阿部 泰之、阪本 一剛、高崎 英気、田村 義之、千葉 茂:旭川医科大学病院のビデオ・ポリソムノグラフィシステム −実際のデータ解析を中心に−:第2回北海道ポリソムノグラフィ学術フォーラム:2009(平成21)年10月17日:札幌市 メルキュールホテル札幌

 松田 美夏、白田 朱香、田中 千渚、吉澤 門土、阪本 一剛、阿部 泰之、高崎 英気、田村 義之、千葉 茂:睡眠時てんかん発作の診断における詳細なVideo-PSGデータ解析の有用性:日本睡眠学会 第34回定期学術集会:2009(平成21)年10月24日~10月26日:大阪府 グランキューブ大阪・大阪市民公会堂

 松田 美夏、白田 朱香、田中 千渚、吉澤 門土、阪本 一剛、阿部 泰之、高崎 英気、田村 義之、千葉 茂:睡眠時てんかん発作の診断における詳細なVideo-PSGデータ解析の有用性:日本てんかん学会 第5回 北海道地方会:2010(平成22)年2月20日:札幌市 札幌グランドホテル

 松田 美夏、阪本 一剛、白田 朱香、田中 千渚、吉澤 門土、山口 一豪、高崎 英気、田村 義之、千葉 茂 、三上 大季、守屋 潔、八木 朝子、千葉 伸太郎:旭川医科大学における遠隔睡眠学の試み:第3回北海道ポリソムノグラフィ学術フォーラム:2010(平成22)年11月20日:札幌市 北海道経済センター

<学会(ポスター発表)>

松田 美夏、高崎 英気、石丸 雄二、吉澤 門土、阿部 泰之、山口 一豪、阪本 一剛、石本 隆広、田村 義之、稲葉 央子、千葉 茂:上肢の周期性運動を伴う周期性四肢運動障害の1例 ~PSG所見を中心に~:日本睡眠学会 第33回定期学術集会:2008(平成20)年6月25日~6月26日:福島県 ビッグパレットふくしま

松田 美夏、白田 朱香、田中 千渚、吉澤 門土、阪本 一剛、阿部 泰之、高崎 英気、田村 義之、千葉 茂:睡眠時てんかん発作の診断における詳細なVideo-PSGデータ解析の有用性:日本睡眠学会 第34回定期学術集会:2009(平成21)年10月24日~10月26日:大阪府 グランキューブ大阪・大阪市民公会堂

 松田 美夏、白田 朱香、田中 千渚、吉澤 門土、山口 一豪、阪本 一剛、阿部 泰之、高崎 英気、田村 義之、千葉 茂:睡眠時無呼吸症候群における反復睡眠潜時検査の検討:日本睡眠学会 第35回定期学術集会:2010(平成22)年7月1日~7月2日:愛知県 名古屋国際会議場

 松田 美夏、田中 千渚、白田 朱香、斉藤 一朗、吉澤 門土、山口 一豪、阿部 泰之、阪本 一剛、高崎 英気、田村 義之、千葉 茂:レム睡眠行動障害におけるREM sleep without atonia の出現様式の検討:第40回日本臨床神経生理学会学術大会:2010(平成22)年11月1日~11月2日:兵庫県 神戸国際会議場

 松田 美夏、白田 朱香、田中 千渚、斉藤 一朗、吉澤 門土、藤村 洋太、阪本 一剛、田村 義之、千葉 茂:レム睡眠行動障害におけるREM sleep without atonia とREM密度の出現様式の検討:日本睡眠学会 第36回定期学術集会:2011(平成23)年10月15日~10月16日:京都府 国立京都国際会館

松田 美夏、白田 朱香、中尾 由美子、玉城 元之、吉原 慎佑、斉藤 一朗、吉澤 門土、藤村 洋太、阪本 一剛、田村 義之、千葉 茂:旭川医科大学「睡眠クリニック」における過去5年間の診療実績−Video-Polysomnography(PSG)の検査方法の変遷−:日本睡眠学会 第38回定期学術集会:2013(平成25)年6月27日~6月28日:秋田県 秋田キャスルホテル・秋田県民会館・秋田市にぎわい交流館あう

臨床心理士  河村麻果  作成日  2013年8月1日

〈口頭発表〉

河村麻果・入江智也・髙垣耕企・坂野雄二 (2010). 否定的な気分が自己複雑性に及ぼす影響の検討 第16回日本行動医学会学術総会抄録, 43頁

〈ポスター発表〉

河村麻果・髙垣耕企・横光健吾・竹林由武・酒井貴庸・関口真有・高田 光・井端累・坂野雄二 (2010).   Attention Trainingが抑うつ気分とメタ認知的気づきに与える影響の検討-抑うつ傾向者を対象としたアナログ研究 日本行動療法学会第36回大会プログラム& 抄録・発表論文集, 414-415頁

河村麻果・関口真有・石崎良民子・米谷みほ子・葛西亜由子・枝川由紀・藤田雅彦 2012 構成要素を選択して実施したCBT-Iの症例報告 日本睡眠学会第37回定期学術集会プログラム・抄録集,278頁

河村麻果・宇都宮博・髙垣耕企 坂野雄二 (2009). 自己複雑性と抑うつに関する研究 第9回日本認知療法学会・第35回日本行動療法学会プログラム&抄録・発表論文集,518-519頁.

河村麻果・関口真有・藤田雅彦 2011 中枢性過眠症患者の睡眠についての非機能的な認知についてーDBASを用いた検討ー 日本行動療法学会第37回大会発表論文集,220-221頁.横光健吾・入江智也・河村麻果・若佐真実子・藤田雅彦・坂野雄二(2012) 心理的柔軟性の向上を目的としたアクセプタンス&コミットメントグループセラピーの効果 日本行動療法学会第38回大会発表論文集,266-267頁,9月,京都.

 

ページの先頭へ↑