お知らせ

  • HOME
  • アーカイブ: 2021年4月

アーカイブ: 2021年4月

2021.04.22

心理検査のご案内

当院では、以下の心理検査を実施しております。

・知能検査

・発達検査

・パーソナリティ検査(性格・人格)検査

・認知機能検査


知能検査とは?

  • 知的な能力や、得意・不得意の特徴を知ることができます。
  • 言葉や数に関するいろいろな問題に取り組んでいただきます。
  • 検査時間は1時間半〜2時間と長めですが、自分の特徴についてわかることの多い検査です。
  • 16歳以上の方が対象です。

 

発達検査とは?

  • 発達障がい(自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症)の特徴がどの程度あるかがわかります。
  • 支援が必要なポイントを明確にすることができます。
  • 形式が2種類あります
  1. アンケート形式 :5〜10分でできる簡単な検査
  2. インタビュー形式:1時間半〜2時間かかるより詳しい検査

→ご本人と保護者の方にお越しいただき、小さい頃から現在にかけての様子についてうかがいます。

 

パーソナリティ検査とは?

  • 自分の個性や、行動パターン、コミュニケーションの特徴などがわかります。
  • 自己理解を深めたり、対人関係の改善に役立てることができます。
  • 数種類の検査を用意しております。ご相談の内容に合わせて検査を実施いたします。
  • 検査時間は種類によって異なりますが、検査ひとつにつき5〜30分かかります。
  • 小学生から成人の方までご利用いただけます。

 

認知機能検査とは?

  • 記憶力、注意力、判断力、理解力といった認知機能の検査です。
  • 最近物忘れが多くなってきた、自動車免許の更新が心配、家族の認知症が心配という方は、受けていただくと安心です。
  • 早めの治療につながります。
  • 検査時間は約30分です。

  • ご紹介した心理検査は各種健康保険が適用されます。
  • 検査によって料金は異なります。※以下3割負担の場合

  • 心理検査はすべて予約制です。
  • 結果の作成には1〜2週間ほどお時間をいただいております。
  • 検査は医師の指示のもと行われます。
  • 検査を希望される場合は、診察にて医師にご相談ください。
  • (話しやすいスタッフに相談してもOK!)

 

2021.04.07

生活リズムが乱れやすい方へ

眠りに関する困りごと、ありませんか?

お子さんの睡眠習慣で気になること

ありませんか?

若年層の睡眠の問題は

様々な要因と関わりがあります。

皆様のお困りごとに合わせて

専門のスタッフが治療を提供いたします。

※1 詳細は 睡眠検査について をご覧ください。

※2 詳細は 公認心理師のおすすめする認知行動療法 をご覧ください。

このような症状でお悩みの方へ
朝起きれない、昼夜逆転、過眠・不眠、睡眠リズムの乱れ、ねむい(居眠り・日中の眠気)、
不登校、遅刻しがち、仕事に行けない、集中力の低下、やる気が出ない、だるい、寝起きが悪い、眠りが浅い

 

 

ページの先頭へ↑